FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肩慣らしアイマスSS

肩慣らし文章です。

久しぶりなのでぎこちなかったり、設定と異なるおかしい部分もあると思いますが、なにとぞご容赦ください。
あと、季節とかもちょっとフライング気味ですWWW
アイドルの女の子たちも登場しません。

そんなSSですけど、よければどうぞ。


「それじゃあ、お疲れ様でした。」
「おう、おつかれ。また明日な。」

そう手を振って彼女を見送ると、どっと疲労感が肩の上にのしかかってくる。
アイドルのプロデューサーというものになって、早いもので一年が過ぎようとしていた。
「パーフェクトサン」「ミッシングムーン」「ワンダリングスター」という三つのトリオを世に放ち、アイドルアルティメイトという一大イベントで、961プロの「プロジェクトフェアリー」と激闘を制し、アイドルの頂点を手に入れた。
かつてのアイドル候補生の女の子たちは立派にトップアイドルとして成長し、俺が多忙で現場でいけなくとも自分1人でスケジュール管理ができるようになった。
今は自分もバンドの音楽活動と平行して、元961プロのアイドル「プロジェクトフェアリー」の女の子をメインにプロデュースしており、もちろん他のアイドルたちもプロデュース

「けど、やっぱり給料は安いまんまで殺人的に忙しい、かぁ・・・」

思わず自嘲の笑みを浮かべて、普段はあまり吸わないタバコを銜え、スーツのネクタイを緩めて火をつける。
きっと彼女なら「お疲れ様です」って言ってくれて、彼女なら「だらしがないです!」なんて笑いながら叱ってくれるんだろうなぁ。
そんなことを思い浮かべでニヤニヤと微笑む。

「・・・イカンな。」

誰もいない事務所で、だらしないスーツ姿の男が、1人でニヤニヤと笑っている。
・・・まず他の社員が見たらドン引きされるんだろうなぁ。
そんなことを考えながら窓を開け放つ。
外は春の穏やかな風が吹いていて、暑くもなく寒くもない心地よい空模様。
窓の枠に肘をついて、吸い込まれそうな暗闇とビーズのようにキラキラと輝く町並みを見下ろす。
---まだプロデューサーという職業になりたてのころ、ビルはもっと小さくて汚く、こんな町を見下ろすなんて事できやしなかった。
けど、彼女たちが成長するにつれて、少しづつビルも大きくなり、今では優秀なスタッフを抱えここら一帯で一番大きいビルになった。

「もう、一年か・・・。」

タバコの灰に落として、また町並みに視線を落とすとふと美しくライトアップされてる桜が目に映った。
ふと頭にまだ自分が学生だった頃の1ページがふっと頭をよぎった。
---ああ、そうだったな。
あの頃も俺は満たされていた。
毎日、毎日が充実していた。
楽しいことや嬉しいことばかりではなかった。
嫌なこと、腹のたつこと、悲しいこともたくさんあった。
それでも毎日が充実していた。
空を見上げる。

「・・・星が綺麗だなぁ。」

美しく輝く星たちが輝いている。
月も久しぶりに見る見事な満月だ。

「---明日も晴れ、かな。」

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ラフ・メイカー

Author:ラフ・メイカー
「Harmonics」へようこそ♪

このブログは管理人の気の向くままSSを書き散らすブログです。
二次創作として原作には存在しないオリジナルキャラクターを登場させています。
そのようなオリジナル設定に嫌悪感などがある方は、「戻る」のボタンをクリックすることをお勧めします。

現在はアイドルマスターやけいおん!のSSなどを公開しています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。